よくある質問 FAQ
まずは見学体験から始めましょう!

誰でも最初は初心者です。
絵を描くのが好きなら、それで充分です!
あなたの「好き」が「才能」だと考えて下さい。
OACなら絵を描くのが苦手な人でも大丈夫。
分かりやすいカリキュラムで基本から応用まで段階的に指導します。
複数の講師による一人一人に合わせた少人数制指導。
絵は誰でも描けるようにようになります。
絵を描いてみると楽しいし、基本を理解して描けるようになるともっと楽しい。
さらに皆と同じではない「自分にしか描けない絵」を描く喜びを感じてみましょう。
あなたもOACの楽しい雰囲気に触れて、きっと新しい目標が見つかるはずです。
学びたいトキが始めドキ!まずは教室を見に来て下さい。

[よくある質問FAQ]

Q1.受講生の年齢層は?
A1.一般絵画コースの受講生は、老若男女です(3~4割は男性です)。とくに主婦の方を中心に様々な年齢層の方が受講されています。最近は20代の社会人の受講生も増えつつあります。基礎コースはデッサンを主にしたレッスンのためか若年の方が多いようです。大人アトリエでは仕事帰りに来られる方や美大受験を予定していない学生が多いです。こどもアトリエは5才~小学6年生が多いです。 
(回答者・校長:小野田イサ)

Q2.絵を描くのは好きだけど、あまり得意ではないのですが、大丈夫ですか?
A2.絵を描くのが好きなら、それで充分です!今現在の得意・不得意はまったく関係ありません。だからこそ教室に来て基本から学ぶのだと考えてください。さぁ皆さんも「自分らしい絵」を描く楽しさを発見しましょう。
(回答者・講師:佐古梨香先生)

Q3.レッスン内容(カリキュラム)はどんなものですか?
A3.一般絵画コースでは、画材の説明~鉛筆による基礎デッサン~水彩画の基本(もしくは油絵の基本)で絵画の基礎を学びます。その後、描きたいもの(テーマ)がある人やこんな画材も使ってみたい人は、講師と相談しながら自分の作品制作へと移ります。決まってない人は講師が考えていきます。使用画材(鉛筆・水彩・油絵・アクリル・パステル・コンテ・木炭・色鉛筆・クレパスなど)
基礎コースは鉛筆によるデッサンと色彩構成(デザイン的な課題やコラージュなど)を制作していきます。
大人アトリエは、基礎デッサンの後は、受講生の希望で(デッサン・立体・色彩など)課題を決めていきます。
こどもアトリエは年齢によって変わってきますが、「想像して描くこと」と「モノを観察して描くこと」の両方の課題を制作していきます。
(回答者・講師:西本晴菜先生)

Q4.将来、WEBデザインやCGなどコンピュータを使った仕事をしたいと思っていますが、デッサンは必要ですか?
A4.メディア系のクリエイターにとってコンピュータを扱えるようにするのは必須スキルとなりますが、だからこそ、これからの時代は想像力や造形力、アナログな表現力がより重要になっていくとも言えます。                   
(回答者・講師:高島沙羅先生)

Q5.教室の生徒さんの発表会や展覧会は催されているのですか?
A5.ほぼ毎年OAC展(教室展)を開催しています。会場は主に「イーグレ姫路の市民ギャラリー」や「ギャラリーこーま」です。教室展を目標に制作されている受講生も多いです。また多くの方に作品を見てもらうことは自分の作品を客観的に見れる良い機会ですので基本的に受講生の方には出品をオススメしています。                 
(回答者・講師:小野田洋子先生)

Q6.教室はいつからあるのですか?
A6.1962年に小野田美術センターとしてアーティスト小野田實により姫路で開校。45年の伝統と既成の絵画概念を破った新しい方法論で多くの美術作家を輩出しています。その後、1992年にOAC美術研究所、2006年にOAC美術スクールに学校名を変更。                
(回答者・講師:長滋子先生)


この「よくある質問」以外のご質問やご相談はTELかEメールで受付けています!

☆OAC美術スクールには美大受験専門のクラスも併設しています。詳細につきましては左のサイドメニューにある「美大受験コース」か「美大受験コースのホームページhttp://oacart.blog91.fc2.com/」をどうぞ!

[2008/11/13 12:23] | よくある質問 | page top
ただいま準備中です。
ただいま準備中です。
[2008/11/11 00:39] | よくある質問 | page top
| ホーム | 次のページ>>