スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
OACの講師・スタッフの紹介
[OACの講師・スタッフ紹介]

photo by Julian Macker
at Guggenheim Museum,New York
Photographed by Julian Macker

[校長]
小野田イサ/ネオアート協会・姫路美術協会会員
         1972年生まれ
         1997年ネオアート展(姫路市立美術館)
         2000年個展(ホテルシーショア御津)
         2003年リキテックス・ビエンナーレ(東京・青山スパイラル)


[OAC美術スクールのおもな講師]
個性的な講師陣

小野田イサ小野田實・佐古梨香・西本晴菜・高島沙羅小野田洋子長滋子  

[OAC美術スクールの全スタッフ]
   
[講師]
   小野田イサ(絵画・デザイン・他)
   佐古梨香(絵画・イラスト)
   西本晴菜(クラフト作家)
   高島沙羅(絵本作家・イラストレーター)
   小野田洋子(テキスタイルデザイナー・シューズデザイナー)
   長滋子(画家)

[アシスタント]
   角南和弘・岡本吉央・和田勇一郎・石原みなみ・小林加代子・松阪実幸・
   小林英紀・柳井梨沙・内海杏里紗・太田咲・小倉早智恵・冨田唯・小山真理子・
   井口美彩貴・藤井聡子・中野佳央理・宮本幸佳・森田彩香・河野彩・他

スポンサーサイト
[2008/11/12 14:12] | スタッフ紹介 | page top
小野田實-スタッフ紹介
topics
小野田實の作品

2017年5月15日更新

2017_Onoda_Carton1.jpg
2017_Onoda_Carton_OK3.jpg

2017年6月から父・小野田實の個展がスイス・バーゼルで来月から始まります。

MARU-BY GUTAI MEMBER MINORU ONODA
at ANNE MOSSERI-MARLIO GALERIE

http://annemoma.com/exhibitions/6814/maru/works/

June9-July14,2017
Opening Thursday,June 8th , 6-8pm
Basel Galleries Open House during Art Basel

Tuesday,June13th ,8-10pm
wednesday-Friday 1-6PM
Saturday 11AM-4PM
and appointment

Malzgasse20 4052 Basel Switzerland
Phone +41 [0]61 271 71 83
mail@annemoma.com
www.annemoma.com

小野田實のWebsite
http://onodart.blog94.fc2.com/

2016年2月27日更新

d1f7922620f8cf8fe51340caecca0c7a-468x468.jpg

具体人 in Karuizawa 前衛のスタンダード
期間:2016年02月07日 - 2016年04月21日
会場:軽井沢ニューアートミュージアム
第1~第6展示室(2階)
小野田實の作品が展示されています。

2013年5月更新
Gutai: Splendid Playground /グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)
☆2013年2月15日~5月8日にニューヨーク・グッゲンハイム美術館でも
「Gutai: Splendid Playground 」開催。小野田實もロンドンと大阪大学の作品が6点出品。入場者数250,762人!

Gutai Splendid Playgroundのロタンダ
Collection of Caroline de Westenholz.
© Onoda Isa, courtesy Caroline de Westenholz,
Photo:David Heald
ニューヨーク・グッゲンハイム美術館の最上階の様子

朝日・読売など大手新聞・(米)アートフォーラム誌・美術手帖・芸術新潮・ヴォーグなどの有名ファッション誌・ニューヨークタイムズ・NYタイムアウト・LAタイムズ・(英)フィナンシャルタイムズなどで紹介されました。野村萬斎さんと杉本博司さんのグッゲンハイム美術館での三番叟プログラムはWOWOWで放映。
2012年6月8日の朝日新聞に小野田實の記事が掲載!
2013年2月15日のニューヨークタイムスの1面(中面も)に具体記事が掲載されました。
2013年3月19日の読売新聞・夕刊にNY展覧会のことが大きく掲載されました!

http://onodart.blog94.fc2.com/blog-entry-34.html

2012年7月1日更新
「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡展(GUTAI: The Spirit of an Era)/国立新美術館(東京・六本木)☆2012年7月4日(水)~9月10日(月)の国立新美術館で小野田實の作品が展示されます。">「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡展(GUTAI: The Spirit of an Era)/国立新美術館(東京・六本木)
2012年7月4日(水)~9月10日(月)の国立新美術館で小野田實の作品が展示されます。
http://onodart.blog94.fc2.com/blog-entry-33.html

2012年6月6日更新
2012年6月8日朝日新聞

2012年6月8日の朝日新聞の朝刊に小野田實の東京、NYでの具体展・辺見庸「眼の海」の記事が掲載されました。
装丁デザイナーの名久井直子さん、具体の堀尾貞治さんのインタビューもあります。

作品制作中の小野田實

2012年1月12日更新
第42回高見順賞(高見順文学振興会主催)は9日、芥川賞作家の辺見庸さん(67)の詩集「眼の海」(毎日新聞社)に決まった。
芥川賞を受賞した後、高見賞を受賞するのは辺見さんが初めて。(2012年1月9日)

2011年11月17日更新
眼の海

小野田實の作品が2011年12月1日発売の辺見庸さんの「眼の海」-毎日新聞社-の装画として使用されます。
書店などお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

あの大いなる日にはじまった
海・死・宇宙をつなぐ、目くるめく原光景の巡覧!
驚倒の書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」を併録。  

……伝えられた風景はすべて偽造。これが地獄めぐりの美しき真景である。
稀代の詩的確信犯による言葉の繚乱と官能的狼藉……

・書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」をふくむ全51篇
・2011年11月下旬発売 ISBN978-4-620-32073-1 C0095・定価1700円(税別)

辺見庸 へんみ-よう
1944- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,作家。
昭和19年9月27日生まれ。共同通信社にはいる。北京特派員,ハノイ支局長,編集委員などをつとめ,平成8年退社。
その間の昭和53年中国報道で日本新聞協会賞,平成3年「自動起床装置」で芥川賞,6年「もの食う人びと」で講談社ノンフィクション賞。23年初詩集「生首」で中原中也賞。宮城県出身。

2010年9月30日更新
小野田實の作品が展示されています。

☆「平面と立体の間で」
9月7日(火)~10月17日(日)10:00~17:00
コレクションギャラリー/無料
姫路市立美術館

☆「心で見る・心で伝える」ー美術館と高校生のコラボ展覧会
10月2日(土)~10月10日(日)10:00~18:00
特別展示室/無料
イーグレ姫路


[2008/11/11 00:34] | スタッフ紹介 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。